読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後のリンパマッサージで太もも痩せするコツ!

産後にリンパマッサージをして太もも痩せするコツをご紹介!産後はいろいろな原因でむくみやすく、太ももが太くなりがち。セルライトを除去して、骨盤のゆがみも整え、ピンチをチャンスに美脚を手に入れましょう!

産後のむくみ解消に効果的な食べ物で太もも痩せをサポートしよう

太もも痩せの食事

f:id:snns1029:20151003112008j:plain

長かった妊娠生活から解放された産後、多くのお母さんを悩ませるのがむくみです。とくに脚のむくみがひどく、歩くのもツラいというお母さんもいるほどです。

 

出産そのものによるむくみは、産後3週間ほどで自然とおさまります。これは、妊娠中、何ヶ月も体のなかにあった羊水が、出産でいっきに体の外へと出てしまい、体が必要以上に水分を溜め込もうとするからなんです。これは、すべてのお母さんに起こる生理現象。これまでに経験したことのないむくみにビックリ!かもしれませんが、心配いりません。

 

ですが、その後も授乳によって体の水分が失われたり、育児疲れや睡眠不足などによってむくみやすくなります。

 

むくみ解消に効果的な食べ物

むくみ解消に効果的というのは、むくみを排出してくれるカリウムを多く含む食べ物です。積極的に摂りいれましょう。むくみ解消に効果的な食べ物を紹介しますね。

 

  • さといも
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • 納豆
  • きのこ類(エリンギ、しめじなど)
  • 海藻類(ひじき、わかめ、こんぶなど)
  • ナッツ類(ピスタチオ、アーモンドなど)
  • くだもの(アボガド、バナナ、りんご、キウイなど)

 

 

ピーナッツもカリウムを多く含む食べ物ですが、母乳育児をしている人は、赤ちゃんのアレルギーを考えると控えた方がいいかもしれません。また、くだものは体を冷やすものが多いので、体が冷えている朝は控えたり、量に気を付けて摂り入れるようにしましょう。

 

また、玄米もカリウムなど栄養豊富でダイエットをしている人に人気ですが、母乳育児をしているお母さんにはおすすめしません。玄米は乳質を悪くしてしまいます。赤ちゃんのためにもおいしい母乳をつくりたいですよね。良質の母乳には白米が最適です。

 

むくみ解消の食べ物を料理にとりいれよう

育児や家事で忙しい産後には、むくみ解消に効果的な食べ物を、スープでとるのがおすすめです。バタバタしていると、こまめに水分を摂ることを忘れたり、授乳で水分が奪われたり、なにかと水分不足になりがちです。なので、スープにすると、カリウムを摂りつつ水分も補えるので一石二鳥!キノコの栄養は水に溶けやすいですが、スープなら流れ出た栄養もしっかり摂れます。

 

さらに、温かなスープを摂ることで、体を温めることにもつながりますよね。それに食事で水分を摂ることによって、満腹感や満足感を得ることができ、食べ過ぎ防止にも一役かってくれます。

 

それに、なんといっても時短で楽ちんです。カリウムを多く含む食品を適当な大きさに切って、コンソメでスープにしてしまえば、あっという間に完成です。でも、コンソメには塩分が多く含まれてるので注意が必要です。

 

コンソメのキューブ1粒には2.5グラム相当の食塩が含まれるので、使用するときは半分にカットしたり、塩分控えめのコンソメもあるので、そういったものを利用するのもいいですね。

 

 

 母乳育児をしているお母さんは、栄養バランスのよい食事をしっかりと摂る必要がありますが、もちろん食べ過ぎれば太りますし、いくらリンパマッサージやエクササイズを頑張っておこなったところで太もも痩せはできません。

 

また、甘いお菓子や菓子パンなど食べ過ぎていないか、一日に口にしたものを見直してみてくださいね。甘い物の摂りすぎも、むくみに大きく影響しますよ。摂るべき栄養をしっかりとって、むくみを解消しましょう。そして、太もも痩せして美脚を目指したいですね。